【主婦は朝が勝負】働くママの楽するためのタイムスケジュールの作り方

・土日しか時間がなく毎週末に大掃除状態
・共働きで家にいる時間が少なくて家事ができない

当記事ではそんな時間がないという働くママの悩みを中心にまとめています
是非参考にしてみてください


もへこ
もへこ

共働きで家にいる時間が少ないし、帰ってきたらクタクタで片付ける暇なんてない

そんな悩みがある主婦
片付けるのがめんどくさて、ついつい放ったらかしてしまいますよね

  • 不定期で仕事をしている
  • フルタイムで働いている
  • 専業主婦など家にいること時間が多い

など生活リズムやパターンは人それぞれ

自分にあった家事スケジュールを組むことでより効率がよく、負担の少ない家事をすることができますよ

オカマ主婦
できない人ができるようになるのは最初大変よ
最初の1週間が勝負ね
ざっくり言うと
  • 楽する為の家事スケジュール
  • 掃除を始める前に決めるルール

コチラのあんころmamaさんの主婦の1日を見てもわかるように決して主婦=楽ではないですよね

そんなよくある主婦の悩みをちょっとした工夫で時短できる技をお伝えします
それではコチラをまずご覧ください

『夕方までに終わるせるための』家事スケジュールのポイント

朝は主婦の見せ所『洗濯を回しながらほかのことを使用』

【約1時間】洗濯機は乾かす時間が必要なので一番最初に洗濯をするのが基本!洗濯の約1時間の間に旦那のご飯作りをしましょう。もちろん作り終わったら水につけてすぐ洗える準備までし、ついでにコンロに洗剤をかけておくのがコツ。比較的時間がかかるものは最初にやるのがコツ

洗濯が終わったら5分以内に干す準備

【約10分】洗濯物は30分以上放置しておくと最近が繁殖してしまうでできる限りすぐ干すようにしましょう!洗濯物についての時短についてはコチラの記事の下部をご覧ください

浸け置きした食器類とコンロ周りをまとめて洗う

【約20分】洗濯物も干し終わりそろそろご飯も食べ終わる頃。食べ終わったら食器類→コンロ周りの順で洗いましょう!洗い終わったら水切りのために皿類を立てておくまですれば完璧です。コンロ周りの油は冷たくなると固まるため早めに洗剤をつけるのがコツ

掃除機をかける前にマイクロファイバークロスで埃をとる

【約10分】掃除機をかける前にマイクロファイバークロスである程度のホコリを取りましょう!基本は棚などの上にあるものから下にホコリを落とすイメージですれば最後にまとめて掃除機で吸うので楽

掃除機をかけ全体の汚れをとる

【約30分】床に落ちた大きなホコリなどを掃除機で吸い取りましょう。この時間になると既に昼くらいになるので掃除機を掛けても周りの住宅に迷惑はかかりません。大体9時より前は寝てる家庭もあるので気をつけましょう

明日のお弁当の下準備

【約30分】明日の下準備をしておくと朝の家事を無理なく出来ます。そのために一番最初に準備するのがお弁当の惣菜作り!5分でできるお惣菜についてはコチラをご覧下さい


オカマ主婦
家にいることが多い人は家事の時間を決めることで習慣をつけるようにね

家にいる時間が多いと、ついダラダラしたり、家事を後回しにしてしまいがちですよね?
なぜこの『めんどくさい』が生まれるのでしょうか?

実はこれ1つの感情が邪魔をしていたんです

そ・れ・は

やらなきゃという意識が生まれると人間は本来の能力を発揮できない

オカマ主婦
オカマ主婦

明日やればいいし、そもそも今日は疲れたなー

どうせ掃除するならがっつり掃除してピカピカにしたい!

もへお
もへお
もへこ
もへこ

どうして掃除するんだろう?友人が家に来るわけでもないし、別にいいかー

上記は例ですが、自分でやる必要性の理由を探し『めんどくさい』が生まれてしまいます
そしてこの『めんどくさい』という意識が強くなるのでついつい後回しになります

これを『掃除プレッシャー』といい片付けを後回しにしてどんどん汚くしてしまう原因になってしまいます

もへこ
もへこ

ではどうすればいいの?

この『掃除プレッシャー』に打ち勝つためにはまずタイムスケジュールを決めて段取りをすることが重要になります

例えば『何時までに洗濯を済ます』など家事をする時間を決めておくことでその時間は家事に集中することができため手順よく行動できます

もし、タイムスケジュールなどの段取りをしたことない人はこちらの5ステップを参考にしてみてください

手順
  • 達成するべき目的
  • 目標の明確化余裕のある期限
  • 期日の設定作業の分類と整理重要度
  • 緊急度に応じた作業手順の決定
  • 立てた計画の実行
オカマ主婦
オカマ主婦

習慣化するためには大体21日毎日続けなくてはいけないわよ

時間がある内に次の掃除の下準備

朝活で邪魔されずに下準備

朝が主婦のゴールデンタイム

朝のうちに終わらせておきたい家事と終了時間を設定する
また時間内で終了するように心がける

よくできない人の特徴は、やると決めたことに対しできなくても『まぁいいか』と軽い気持ちで済ませてしまいます
なので、まず目標の意識や大切さを高めることで時間通り動けるようになります

まずゴールから逆説を意識しましょう
終わりからどのようにすればいいか?をまず考え、そのために必要な準備をまず最初にすることが大切です

家事・掃除は心の現れ!すぐやる意識を徹底

汚れはほっておくと取りにくくなる

まず意識しないといけないことは以下のことです

ポイント
  • 汚れが目立つなどひどくなる前に掃除をする
  • 散らかる前に整理整頓を心がけるだけで掃除は軽減される

この二つを意識するだけで時間と手間は半分以下になり、時短につながるので意識する方がいいでしょう

なぜ汚れはほっておくとダメかというと以下の理由です

汚れは長時間放置されることにより、空気と触れて酸化し黄ばみや変色が起こります

時間の経過や熱が加わることによって、タンパク質が固まってしまう

色がついたものなどは、時間の経過とともに繊維の奥へと入り込み、そこに定着してしまうことで落ちにくくなってしまう

オカマ主婦
オカマ主婦

家事は溜めないが鉄則ね

専業主婦も休みの日を決める

専業主婦は休みがない分、メリハリがつきにくいため曜日を決める

いくら主婦で仕事がないからって、まずみなさん気がつかないといけないことがあります
それは朝起きて仕事行って帰ってきたときに同じ場所に同じものが置いてあること

主婦の辛さは仕事のようにやることが決まっていないため、綺麗にしなくちゃいけないという見えないプレッシャーといつも戦っています

心が徐々に消耗してしまうので休日を作り一休みをできる曜日を決めましょう
家族の理解があればこの見えないプレッシャーも解決できます

家族の休みの日に合わせて自分も休みをとるなど家事をしない日を作りましょう

家事にかかる時間を測ってみる

苦手意識が本来早く終わるものも長くしてしまう

家事をしなくてはと思っているのにインターネットをしてしまったりおやつを食べたり
そういう人は1度、その家事にどれくらい時間をかけているか測ってみるのも手かもしれません

思いの他、あっという間に終わる家事ばかりで『しなければ』と考えている時間の方が長いこともあります

自分の苦手意識がこんなに簡単に終わっていたと意識することによって掃除や片付けに対し自発的に動けるようになるでしょう

不規則な仕事をしている人はスケジュールが重要

家事は週単位で考える

不定期な仕事をしていると規則正しい掃除のスケジュールは難しくなりますが、毎日する最低限の家事と休みの日にする家事を分類して、週単位でスケジューリングすれば効率よく片付けができるはずでしょう

ざっくり言うと
  • 毎日する最低限の家事
  • 仕事が休みの日にする家事を分類
  • 週単位でスケジューリング
オカマ主婦
オカマ主婦

コレを簡単に私なりにいうと、何か物を使ったら使った場所を『ついで掃除』すればいいのよ

そんなこと言われてもルールが増えれば増えるほどできないという人もいますよね
そんな人のために私が考えたものはコチラ

仕事がある日とない日(フルタイムの人)向けの無理のないスケジュール

仕事がある日は基本の家事

仕事のある日はついで掃除で綺麗をキープ

ざっくり言うと
  • 日常の洗濯
  • 毎日の食事の支度
  • 風呂・トイレ・台所

なにかのついで掃除に一緒に掃除をすることを心がけましょう

仕事がない日はしっかり家事

仕事の時にはできない家事を片付ける

  • 保存食作り
  • ホコリ落とし
  • 大物の洗濯物
  • アイロンがけ
  • 食材の買い出し
  • 掃除機をかける
  • 銀行や役所周り

このような重い腰を挙げなくては行けないものは、予めスマホなどのカレンダーなどに何をするかを決めておくと、しなければいけない家事を忘れにくいです

例えばコチラのようにスケジュールを組むことに寄って汚くなる前に事前予防がデキるようになります

例)

  • 月曜日→基本の家事
  • 火曜日→大物洗濯
  • 水曜日→基本の家事
  • 木曜日→アイロンがけ、玄関まわり、靴磨き
  • 金曜日→基本の家事
  • 土曜日ホコリ落とし、掃除機をかける、水まわり
  • 日曜日休み(季節の家事など)

フルタイムの仕事をしている人

平日はついで掃除・週末は休日掃除を使い分けよう

家にいる時間が少ないフルタイムの仕事をしている人は、毎日の家事にかける時間が限られていますよね

自分の決まりを作る

土曜の午前中は、前の週にやり残した家事を片付ける

日曜の午後は翌週の準備をするなど自分の決まりを作るといいでしょう
自分が何をしたらいいかはっきりする上、週末のリズムを作ることができます

ただし、できるかぎりやり残しはしないほうがいいでしょう
わかっているかと思いますが、これがクセになってしまうと習慣づけが水の泡になってしまいます。。。

オカマ主婦
オカマ主婦

気をつけて!

1カ月単位でプランを立てる

月の終わりに翌月の予定を確認して大きな家事の予定を組むと、後回しにしがちな家事を漏らさずに片付けることができる

  • 第1土日季節の家事(夏用品を出すなど)
  • 第2土日カーテンの洗濯
  • 第3土日網戸の掃除など窓まわり
  • 第4土日冷蔵庫と換気扇の清掃

寝る前の時間を使って翌朝に備える

夜の一手間で翌日の朝がぐんとラクになる

出社前の時間帯は、お勤めをしている人にとって一番忙しい時間ですよね

この夜の5分を使い明日の下準備をすることによって次の日の忙しい朝を遊戯に使うことができます

寝る前に床に落ちているものやテーブルに出ているものを片付け、お皿はつけ置きをしておいておく
これを徹底するだけで次の日の朝でいいスタートを切れますよ

オカマ主婦
オカマ主婦

朝に昨日のこびり付いた洗い物から始まると一日やる気を失うからね

さらに余裕があれば、翌朝の炊事の手順と必要な食材を確認、次の日の献立を考えておきましょう
もし時間があればご飯の炊飯予約や洗濯予約をしておくのもよいでしょう

Twitterでフォローしよう

知らなかったら損する特集