いきなりですが、自分の部屋に人を呼べますか?
実は部屋が汚い人に共通することはモノがたくさんありすぎることと収納の仕方がわかららない人がほとんどです

『自分ではそんなに…』って思っている人はためしに写真でとってみると自分の部屋がどう見られているかわかります

今回はそんな片付けられない人の悩みを一緒に考えながら解決してきます

オカマ主婦
むむむ
こんなところにこんなモノっておかしくない?
ズボラ主婦
いや、、、とりあえず空いていたから
オカマ主婦
あ。。。同じものが違うところに…
ざっくり言うと
  • 片付けの習慣づけ
  • 役立つポイント

散らかる原因は間違った習慣

原因は2パターン

散らかっている/掃除ができない人の特徴を分けてみると2つのパターン

  • 床に直置きしてしまう人
  • 空いた場所にとりあえず入れてしまう人

そして以外にもこの2つともができていない人が数多く存在していること

ですが、これは自分で気づいていないため少々やっかいなところもあります
なぜかというと、自分の部屋がどれだけ汚いか(散らかっているか)わかっていないからです

正しい習慣をつけるためには…

「テーブルの上は常時、小物ゼロ」なんてとてもじゃないけど……とお嘆きのあなた
せめて食事のときには、ひとまとめにして別の場所へ移動。キレイに拭くという習慣をつけましょう

ものは一箇所にまとめる意識を

帽子やバッグ、アクセサリーは1か所にする

鏡前に置いておくがオススメ

アクセサリーとして活躍する帽子やストール、アクセサリーは鏡の近くに場所をつくるといいでしょう
このようなアクセサリーは衣服と合わせた後に大抵確認するため、なんども変えたりするため時間の無駄になりやすい一つです

出かける時間になっていきなりコーディネートが悪いと思って着替えるよりも、予め合わせやすいように場所を工夫するうといいでしょう

雑誌は1か所に積む

あとで読むのほとんどはこない

『気に入って買ったんだから捨てるのはもったいない』『きっとまたいつか読む』と思ったことのある人がほとんどだと思いますが、経験上ほぼ読み返しません

読み返したとしてもパラッとみてまた置く人のほうが圧倒的に多いです

もしそうなら、リビングに1か所だけ雑誌の置き場所を決め、そこに積み上げましょう
捨てるのがもったいない場合は、ブックオフの買い取りサービスをつかて売ると10冊くらい売れば1冊くらい変える可能性があります

そのような場合はメルカリヤフーオークションで売ってみたらどうでしょうか?

ポイント

出張買い取りサービスは無料査定ですが、その分経費をいれて査定するため安くなります

『見つからなくて困るもの』をまとめる

紙ヒモ、ガムテープ、ドライバー 予備の乾電池にコード類などなど
家の手入れに必要なグッズは、いざ使いたいときに見つからないと、やろうと思っていた作業も面倒になります

それらは、ひとまとめにして置く場所を予め決めておきましょう

オカマ主婦
使い終わったら、必ずそこへ戻すようにするを徹底ね
見つからなくて同じものを買ってしまうという無駄もなくなるし時短にもつながるわよ

書類たてにシールをつけて分別

書類たての活用豊富

ちいさなモノたちは分別してジッパー付きの袋に入れましょう
ネジや電池など、いざというときになかったら不便なものや、使う頻度は少ないけど、1ヶ月一度くらいはつかうかなというものは袋にシールをつけて分別するといいでしょう

ポイント

棚に写真のように書類たてを反対に入れるとスッキリ見えます

置きつばなしは椅子を使ってインテリアにする

部屋が片づかない大きな原因のひとつが『置きっぱしのモノがあちこちにあること』

オカマ主婦
そんな家は『椅子』をうまく活用してみるのがオススメ

返す予定のDVDや買ってきたばかりの洋服、読みかけの本、帰宅して中身を空にしていないバッグなど、椅子に乗る分だけ置いてみましょう

行き先のないモノに場所を決めるのも、せいぜい椅子1つ分なのでラクチンです。

『1軍2軍』を決めて収納

断捨離の始め方

散らかっている部屋の共通点は、使わないものが見えるところにあること

部屋を見渡して,よく使うモノを1軍、それ以外を2軍と位置づけましょう
そして「1軍だな」と判断したものを使いやすくしまいましょう

1軍,2軍を判断するポイントは、「あったら便利」ではなく「よく使うかどうか」

2軍以下のモノは潔く処分

2軍と思っていても、全然使わないモノも混ざっているはず
それは、もはや「不要」なもの。潔く捨てましょう

日頃から1軍·2軍·処分と分ける目を持つと、自然と部屋がづきます

詳しい内容についてはコチラに記載しております

タイマーで行動管理する

慣れるまで時間を意識

実は時間を意識して片付けや掃除をするといつもの半分以下で大抵おわります
というのも、実はほとんどの主婦はながら掃除をしていて、なにかをやりながら掃除をすると余計な動作が増えて時間がかかってしまっています

窓を開け、顔を洗い、食事をし、歯を磨き、メイクし、着替える
といった一連の行動がテキパキできて、スキマ時間に片づける意識が生まれますよ

Twitterでフォローしよう

知らなかったら損する特集